介護業界で受かる!【職種別】志望動機と自己PRのポイント
2019.11.14掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
履歴書の書き方転職ノウハウ

 

 

 

 

 

 

 

介護の就職や転職を行うためには自己PRや志望動機について記載をする必要があります。

なぜその仕事を選んだのか? なぜその施設にしたのか?

これら理由を書く為のポイントとしては、ある程度その施設の特色を入れておくことです。

例えば、ホームページやパンフレットにはその施設の強みが記載されていることがほとんどです。

医療的な面に力を入れている、ユニットケアに力を入れているなどの記載があれば
①「医療面で勉強したいと前々から考えていました」
②「ユニットケアで働いていたので、知識を生かせれると考えました」などのように記載することができます。

注意点としては自分で説明できないような事は記載しないことです。
「なぜそのように思うのですか」と聞かれたときに
的確に答えれるようにしておきましょう。

 

介護の職種別!志望動機・自己PR例文集


★施設系介護職に応募する場合★

私は以前は在宅サービスで働いていました。
在宅では一人の高齢者と深くかかわれると思っていたのですが、実際にサービスとしてかかわれるのは一日30分ほどが限界であり、その他の時間帯や夜間帯の様子は一切わからず不安に感じていました。

施設であれば長時間密接して関われるので高齢者に親身になって介護ができると思います。また、在宅では寝たきりの高齢者を中心に介護をしてきましたので、おむつ交換や入浴介助などは問題なくできます。
施設であればある程度設備が整っている中ですので、より丁寧にできると感じています。ほかの介護職員や看護師、栄養士などの関係職員の方ともしっかりと連携をとってチームで介護に携わりたいと思います。


 

★訪問系介護職に応募する場合★

前職ではは特別養護老人ホームで働いていました。そこでは非常に忙しく、高齢者と1対1で関わることが難しかったのです。
その為、限られた時間でありながら高齢者と1対1で関われる訪問介護をしたいと思い応募をしました。

施設では寝たきりの方から認知症の方まで様々な人を介護してきましたので、介護技術は問題ないかと思いますし、主婦をしていますので調理や洗濯、家事などでも問題ありません。また、訪問介護で働くことになれば将来的には介護福祉士を取得して、サービス提供責任者という立場で活躍したいと考えています。他のヘルパーさんや、ケアマネなどともきちんと連携を取って、在宅で過ごす高齢者に対して快適な生活を送ってほしいと考えています。


★生活相談員に応募する場合★

長年介護士として働いて、介護をしていく楽しみを持てることができました。
その次のステップアップとして、高齢者や家族の心のケアや、調整役として活躍したいと生活相談員に応募をしました。
そのために、社会福祉主事も取得しましたし、将来的には社会福祉も取得する予定で考えています。また、もともと人と会話をするには非常に好きな方であり、初めての会う人でもすぐに打ち解けることができるので、その性格を生かした職種を考えていました。

生活相談員になればいろんなストレスもあると聞いていますが、あまりストレスをため込まない性格ですので、合っているかと思います。
家族や高齢者の心のよりどころなれる生活相談員になりたいと考えています


★サービス提供責任者に応募する場合★

前職では訪問介護事業所でヘルパーとして働いてきていました。
ステップアップとしてサービス提供責任者として活躍したく応募をしました。私から見るサービス提供責任者は介護以外にヘルパーの調整はもちろんですが、事業所の顔となる立場ですので、そのあたりもしっかりと意識をして仕事に取り組みたいと考えています。

もちろん今までのヘルパーとしての経験を生かして、ほかのヘルパーさんが嫌がるような難しい高齢者の自宅にも行きますし、ヘルパーさんの教育もしっかりと行っていきたいと思っています。今までもサービス提供責任者になりたいと意識して仕事をしていましたが、今回の募集を見て是非就職したいと感じました。


★介護支援専門員に応募する場合★

今までケアマネは施設でしていましたが、在宅でケアマネをすることを以前から考えていました。それは私の親が現在在宅で介護を受けており、良いケアマネに担当してもらい母の体調はみるみる良くなったからです。

ケアマネ一人の力でこんなにも変わるのかと驚きました。私自身もそのようなケアマネになりたいと考えています。また、今後介護は在宅が重視される時代になっており、地域包括ケアの一員として地域の方と連携を取りつつ、在宅ケアマネとして活躍したいと望んでいます。ケアマネとしては、今後主任ケアマネなどを取得しようと考えており、主任ケアマネや社会福祉士などを取得してステップアップになれば良いと思っております。


★リハビリ関連職に応募する場合(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など)★

私は理学療法士として長年病院で働いてきました。
今回介護施設に応募した理由としては、やはり高齢者が好きだからです。以前の病院でも高齢者はたくさんいましたが、リハビリ病院でしたので3か月ほどの関わりであり、退院をうれしくも寂しく思っていました。

しかし、施設であれば最後までその方と関わってリハビリを提供できますので、リハビリに関しては責任をもって最後まで取り組めるかと思います。身体機能はもちろんですが、心のケアもしっかりと行っていきたいっです。もし働かせていただけるのであれば、介護職員や看護職員の方と一緒にチームとして高齢者のリハビリを行っていきたいと思っています。


★管理職・施設長候補に応募する場合★

管理職としては以前の施設で施設長として働いていました。
施設長をしていると他の施設はどのように運営しているのか、どういった形をとっているのかという疑問が徐々に大きくなり、一度は他の施設で働きたいと思い応募をしました。

施設長として心がけていることは、職員の定着です。介護職員はどこの施設でも慢性的に足りておらず、まずは職員の確保、それを行うことによって適切な介護の提供、適切な運営をできると考えております。
また、地域に根差した施設を作りたく思い、近隣住民との交流や、地域のボランティアとの交流などもしていきたいと考えております。長年地域で繫栄できるような施設を作りたいです。


★医療事務職に応募する場合★

以前は総合病院で働いていました。今回クリニックに応募した理由としては総合病院ですとどうしても患者さんとの距離が遠くなってしまうからです。クリニックであれば患者さんとの距離も近いので、顔なじみになり易く地域に根差した取り組みをしている貴院であればそれができると感じました。

レセプト等は以前の仕事でたくさんの数をやっておりましたし、その他の事務に関しても問題なくできるかと思います。
ホームページを見させていただいたところ子供の患者さんが多いのも志望動機の一つです。
子供は好きですので、子供の目線に立って対応ができるかと思います。クリニックもとてもきれいでスタッフの方も、優しそうな人ばかりですので是非一緒に働きたいです。